何が不足していて何が必要か⁇~パフォーマンスピラミッドVol.4(最終回)~

パフォーマンスピラミッドVol.1.2.3にてピラミッドの詳細を説明してきました。
パフォーマンスピラミッドは、競技力を向上させるため、土台となるムーブメントの上でパフォーマンスを鍛えスキルのレベルを上げることができるということになります。
なので、どれかだけに偏るとアンバランスなパフォーマンスピラミッドが作られ、競技力の向上を妨げたり怪我のリスクも上がってしまいます。
よくある例として、
パフォーマンス過多

人より力は強いのですが、体をコントロールできなかったり、その力に自身の体が耐えられなくなって故障や怪我をしてしまうことが多いです。

【ムーブメント】に比べて【パフォーマンス】【スキル】が高過ぎるパターン


競技の腕前はプロ級で筋力もあるが柔軟性や安定性に乏しい。細かい技術やパワーはあるのに痛みがあり、苦しんでいる方が多いです。
『ケガさえなければ・・・もっと良い選手だったのに。』
と言われやすい。

このように、パフォーマンスピラミッドを参考に見ていくと、自分が何をしなければいけないのかという指針として捉える事も出来てきます!!
何が不足していて何が必要か⁇


ぜひ活用してみてください(^^♪

 

野球肩・肘予防について
トレーニングや体づくりについて
施術やセルフケアについて
患者様の声一覧
いとう治療院からのお知らせ
プライベートな日記

鍼灸/整体/スポーツコンディショニング
いとう治療院
広島県福山市神辺町川南3235-2
TEL:084-966-3820
LINE:https://page.line.me/ugq1261h
(LINE予約が便利です)

関連記事

  1. 姿勢や運動能力の向上などに効果的な股関節トレーニング(腸腰筋ver)

  2. 股関節を動かそうVOL.2

  3. トレーニングの3原理5原則(Vol.1)

  4. 『我が筋肉は永久に不滅です』

  5. 腕立て伏せ

  6. 何が不足していて何が必要か⁇~パフォーマンスピラミッドVol.3~