スタッフ紹介


[代表]伊藤広仁 【いとう ひろひと】
広島県福山市新涯町出身
1984年3月26日生


【保有資格】
厚生労働大臣認可(国家資格) はり師 きゅう師 NSCA-CSCS(ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
ViPR認定トレーナー


◆野球漬けの学生時代◆
小学校は地域のソフトボール、中学校から軟式野球のクラブチームで野球を始め、高校、大学と硬式野球部に所属しほぼ毎日野球に明け暮れてきました。
高校3年時に広島県春季県大会準優勝(2001年)、大学4年時には連盟(中国大学野球連盟)のアメリカ遠征の選抜メンバーに選ばれるなど良い経験も出来ました。
現在も軟式野球を続けており、全国大会(2012年高松宮賜杯1部)でベスト4まで勝ち上がりました。目標は、40歳まで現役で投げ続けます!!


◆治療業界を志したきっかけ◆
この治療業界を志したきっかけは、高校から大学時代の肩の故障(手術を経験)です。
投げては痛めを繰り返し、何をやってもうまくいかず精神的にもボロボロでした。藁にもすがる思いで、県内外の治療院、病院に通い色々な先生、トレーナーと出会いました。その中で『自分と同じ経験をしてほしくない。自分と出会う事で何か変わるキッカケになれたら』という思い、この業界でやっていく決意をし、大学卒業後に鍼灸の専門学校に入学しました。


◆日々一歩ずつ・・・◆
専門学校在学時より学費と経験を積むためボディケアサロン、整骨院、大学野球部トレーナー、クリニック(整形外科)で働きました。
卒業後は、地元のクリニック(整形外科)にて鍼灸治療と投球障害選手に対する動作改善指導を担当。指導していくなかで、野球経験だけ感覚だけの指導でなく、より科学的・専門的に知識を深めようとNSCA-CSCS(ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)という傷害予防やトレーニングの専門資格を取得しました。
スポーツ選手だけでなく一般の方にも、施術で痛みの改善だけでなく再発予防・セルフケア方法など体全体のサポートをしていきます。


◆学歴・経歴◆
1999~
神辺旭高等学校 体育科 卒業
2002~
福山大学 経済学部経済学科 卒業
2006~
朝日医療専門学校岡山校 鍼灸科 卒業
2009~2017
(医)トータルケアグループ
優輝整形リハビリステーション勤務
2017.4.1~
鍼灸/整体/スポーツコンディショニング【いとう治療院】 開設
2019.7.10~
鍼灸/整体/スポーツコンディショニング【いとう治療院】の移転オープン!


◆メディア・雑誌等掲載歴◆

2019.8.1号『経済リポート』さんにインタビューして頂きました。

『ぐらんふぁーま』 2018.1月号  vol.48
(教えて楽チン体操)のコーナーに掲載されました。

2017.4.24『経済リポート』さんにインタビューして頂きました。

2012年(当時28歳)勤務時代に、『経済リポート』さんにインタビューして頂きました。