スポーツ障害におけるオーバーユースとマルユース

こんにちは!!

投球障害のようなスポーツ障害といえば、
オーバーユース(使い過ぎ)というのはご存知の方も多いと思います。
オーバーユースであれば、使い過ぎが原因ですので休養や練習量を落としていく事で基本的には改善してくる事が多いと思います。
しかし、休んでいたのに再度使いだすと痛みがぶり返す場合には、
マルユース(誤った使い方)というのが大きな原因と考えられます。
マルユースには、フォームの悪さ以外にも筋肉や関節の硬さも含まれてきます。
フォームが悪い事で筋肉・関節に負担
筋肉・関節の動きが悪いためフォームが悪くなり負担

休んでも改善しない、何回も症状がぶり返すという方は、
・体の使い方
・痛めた以外の場所の筋肉、関節の状態
を見直していく事で症状が改善していくかもしれません。

オーバーユースだけじゃなくマルユースにも気をつけて、
ケガの予防、早期改善をしていきましょう!!

 

関連記事

  1. 特に思い当たる節がないのに痛みが出る理由

  2. 痛みの前兆を見逃さない

  3. どれくらい??

  4. 背骨をしなやかに

  5. いとう治療院で行う骨盤・骨格調整について

  6. 意識から無意識へ