野球肘になったら・・・

こんにちは!

野球肘・・・野球が原因(主に投げる動作)で起こる肘の障害を《野球肘》と呼びます。
そんな野球肘に悩む野球少年は多いことと思います。

「あいつに負けたくない」「試合に出たい」「大事な試合があるから・・・」と様々な理由で肘に痛みがあるのに無理をして試合、練習を行っているケースが多々あります。そして、投球を続けた結果、状態が悪化し長期の休養、最悪の結果手術が必要になっていきます。
成長期の骨は柔らかく、傷つきやすいため大人と同じように考えては絶対にダメです!!

もし野球肘になってしまったら・・・、当たり前ですが焦らずゆっくりと治していきましょう!
ただし、肘は休めますが出来る事はしっかりやっていきます。
例えば、
肘に負担のかからない、体の使い方・投球フォームの見直し。
体の柔軟性を高める。
走塁、守備など肘に負担のかからないプレーの練習。

一日でも長く納得できるまで競技を続けるためにも、無理は絶対禁物です!!
野球の練習も大事ですが、野球をするための体の練習(ストレッチ、投球フォーム固めなど)もとっても大事です。
早期発見・予防、そして一日でも長い選手生命を(^o^)/

 

野球肩・肘予防について
トレーニングや体づくりについて
施術やセルフケアについて
患者様の声一覧
いとう治療院からのお知らせ
プライベートな日記

鍼灸/整体/スポーツコンディショニング
いとう治療院
広島県福山市神辺町川南3235-2
TEL:084-966-3820
LINE:https://page.line.me/ugq1261h
(LINE予約が便利です)

関連記事

  1. カッピング

  2. 産後の骨盤調整

  3. 痛みは結果

  4. 野球肩予防VOL.4

  5. 肩の体操

  6. 施術効果について(一回で改善?)