特に思い当たる節がないのに痛みが出る理由

こんにちは!!

いつもと違う動きをしたわけでもなく、特に思い当たる節もないのに首や腰に痛みが出てしまう事ってありませんか⁇
【いとう治療院】でも、『特に何かしたってわけじゃないのに、急に首が痛みだしてきた。』と症状を訴える患者さんが多数いらっしゃいます。これは、本人が気づいてないだけで生活習慣(長年の姿勢・体の使い方のクセ)や仕事・スポーツなど、日々の小さな負荷が繰り返し加わる事で少しずつ組織が傷んでいき、そしてある時にそれほど大きな負荷がかかった自覚がないのに特定の部位へ痛みとして現れてきます。このような自覚のない日々の小さな負荷は、間違った姿勢や体の使い方が原因となっていることが多いです。
習慣化された長年の姿勢や体の使い方のクセは、特定の筋肉を過剰に働かせ緊張(硬くする)させたり、逆に本来働かないといけない筋肉が使えなくなり弱くなっていきます。その結果、正常な姿勢やスムーズな体の使い方ができなくなり、痛みの悪循環を作り出していきます。

特に思い当たる節がないのに痛みが出た場合、原因である姿勢や体の使い方といったところを改善していかなければ再発する可能性は高くなってしまいます。
まずは、痛みの改善が先決です。ですが、一番重要なのは症状が改善されてきてからです。痛みの改善というと受け身(鍼灸やマッサージなどの施術)のイメージが強いですが、動く治療(トレーニングなど)もとっても重要です。動く治療で、正常な姿勢やスムーズな体の使い方を体(脳)にインプットしていくことで症状改善・再発予防に繋がります。

【いとう治療院】でも施術による痛みの改善はもちろんですが、患者さんの年齢や体力・運動レベルに応じてトレーニングなどの指導を提案しています。
施術そして運動で『治る力』『予防する力』を高めていきましょう!!

 

 

関連記事

  1. 肩のストレッチ⚾

  2. 痛みは結果

  3. 野球肩予防vol.2

  4. 施術の前に・・・

  5. 自宅でトレーニング【プッシュアップ(腕立て伏せ)➀】

  6. ストレッチの種類