自宅でトレーニング【プッシュアップ(腕立て伏せ)③】

こんにちは!!

今回は最後の③ワイドでのプッシュアップをご紹介します。

③ワイドプッシュアップ


【主に鍛えられる部位】大胸筋

ワイドプッシュアップは、大胸筋にフォーカスした手幅となり、より大胸筋への負荷が高くなります。
フォームが乱れると肩や首の痛みなどのケガにつながったり、トレーニング効果も悪くなりますのでミドルの手幅から少しずつ広げていってくださいね。

関連記事

  1. 股関節を動かそうVOL.2

  2. 投球障害について

  3. 成長期のスランプ

  4. トレーニングの3原理5原則(Vol.1)

  5. 何が不足していて何が必要か⁇~パフォーマンスピラミッドVol.4(最終回)~

  6. 何が不足していて何が必要か⁇~パフォーマンスピラミッドVol.3~