カラダの使いグセ

「カラダの使いグセ」は、すべての人が必ず持っています。

「カラダの使いグセ」は、様々な生活環境のなかで、
利き手や利き足
普段の体の動かし方
日常よくとっている姿勢
が影響し、全身の筋肉や関節の連動性と姿勢にお一人お一人に異なるパターンとして形成されています。

ほど良い「使いグセ」は、生活環境や普段の使い方に適応した変化なので、悪いものではありません。
しかし、強く「使いグセ」が現れてくると、
疲れやすく
痛めやすい
原因となります。

「使いグセ」は年齢を重ねるとごとに強くなってしまいます。
そうならないためにも、普段からケアしておくことが長く健康で過ごしていただくためにとても大切です。

当院では、そんな「使いグセ」にも着目し、
独自の動作検査や姿勢の検査を行い、
悪い体の動作パターンの分析し、
筋肉や関節の悪くなってる部分への最適な施術を提案しています!!

長引く症状でお困り方は、「カラダの使いグセ」が見逃されていることが原因かもしれません。
そんな時は、ぜひ当院へお任せください(^^♪

関連記事

  1. 姿勢や運動能力の向上などに効果的な股関節トレーニング(腸腰筋ver)

  2. カッピング

  3. 【お灸でセルフケアvol.2】

  4. シールのハリ(鍼)

  5. 野球肩予防vol.3

  6. 寝ながらストレッチ